2007年05月01日

PTA役員選出

さっき、娘の中学校の担任の先生から電話があった。

「今、役員決めの集まりを開いているのですが
もうひとり決まっていません。
お母さんやっていただけませんか?」

と言う前に、得意のずっこけ!
出席に通知をしていたのに、

    忘れてた!(汗) 

欠席してしまった事を先ず謝って、
丁重にお断りした。
最終的に  くじ引きになるそうだが、
「もしそれで当たったらがんばってやってみます。」
と付け加えた。



毎回、役員決めは大変ですんなり立候補
決まる場合もあるけど、決まらない時は
かなり大変。


でも、私は小学校で2年目なのに関わらず
委員会のTOPをやる羽目になり1年間
大変な激務を必死でやった。(一番忙しい委員会だった)

高学年の親がやるものだと思っていたのに・・・
6年生の親なんか知らん振りしてる。


校長先生も教頭先生も巻き込んで必死にやった。
3役のお母さんにの助けられて
やっとの思いで1年間やりきることが出来た。
がんばったので、楽しい事、ためになることも
沢山あったが、
常に役員の仕事の事が頭から離れず
家族にも負担をかけた。

そんなにがんばらなくても良かったかもしれない、
でも、何も解らない私にTOPをやらせて
のうのうとしている人たちに対して
意地になっていたところもあった。


それ以来、もう懲り懲りだった。


でも3人子供がいると同好会や少年団などもあり
何度か役員はやったのだけど、



「役員なんて、好きな人がやればいいのよ。」


って、言葉を何度か聞いた。
そうかと思えば、フルタイムで仕事を持っている人でもこんな人もいた、


「仕事をしていても、条件は皆同じ、
3年に1回は役員をやると決めているの」


尊敬する!
カッコイイ!と思った。


それなのに、特別な事情も無いのに
「絶対出来ません」って言う方。

許せなくって、くじ引きで決めて貰うのがいいかな
って思います。

その分、お手伝いは精一杯やってます。


おもしろブログがずらり→〓〓[iЬ??blogranking@??E〓〓〓×j.gif



posted by ずっこけ母さん at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40552419

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。